top of page

​カメラをもっと身近に!
プロに学べる写真教室

「カメラを始めたい」

「始めてみたけれど何かがうまくいかない感じがする」

「長年撮っているけれど、もっとカメラや撮影のことを学びたい」

「とにかく、もっと上手くなりたい!」

写真を愛する皆さんの疑問やお悩みにプロカメラマンの講師が答えてくれる

【ヒビコレ初心者写真教室】

初心者とついていますが、内容は超初級〜中級。時には超上級も!

「カメラモードのAとかSと…これって何を意味しているの?」

「シャッタースピードの設定は必要?」

「写真の“後処理”ってどうする?」

写真を始めようとしている超初心者さんもカメラ歴何十年のベテランさんにも

プロカメラマンの講師が、分かりやすく、丁寧に写真の“あれこれ”教えます。

もちろんブランクさんもリピーターさんも大歓迎!

みなさんのご参加お待ちしています。

お知らせ

初心者写真教室では毎講座、参加者の皆さんの作品講評を行なっています。

参加される方は是非自作品をお持ちください。

 

スナップショットやペットの写真、旅行で撮ったものや日々のヒトコマを切り取った写真など、お持ちいただく作品に原則制限はありません。

(公序良俗に則ったものであることが最低ルールとなります)

お持ちいただく作品(写真)のサイズは以下でお願いいたします。

【プリントサイズ:2L~A4】

​おひとり 10点ほど

​たくさんの人の意見を聞くと、写真の見方も変わりますよ。

​授業内容

2024.4.13(土)

​「春」を撮ってみよう

​実践撮影会/現地集合・解散です

4月はお出かけ撮影会
皆さんそれぞれの「春」を撮っていただきます

栃木県中央公園での撮影会を予定しています
天候によっては日時や内容の変更がございます

​変更については
随時Web・SNSなどで発表いたします

2024.5.11(土)

​写真講評会​

4月の撮影会で撮った写真の講評と質疑応答

皆さんそれぞれの「春」を撮っていただいた

4月の撮影会。その写真を講評します

​撮影中に感じた「?」などにもお答えしますよ

2024.6.8(土)

テーマを考える

撮影テーマを考えて、撮影に挑むための前準備

好きな時に好きなだけシャッターを押すのもいいけれど、自分なりに決めたテーマで撮影する楽しさも知ってほしい!テーマの見つけ方や決め方などをレクチャーします

2024.7.13(土)

テーマに合わせたカメラの設定

​撮影テーマに合わせてカメラの設定を決める

撮影テーマを決めて、撮影を始めるにはそのテーマに合ったカメラの設定が必要です

​それぞれのテーマ合わせ、設定について学びます

予定している授業内容です。

​変更される場合がございます。

お申込みは下記ボタンから

詳細

開催時間

13時30分〜16時

開始15分前、受付

地図&マーカーアイコン2.png

会場

​オリオンACぷらざ

宇都宮市江野町3-10

竹川ビル1F

セミナー風景のアイコン.png

​講師

広告カメラマン

岡田康男

シンプルな円袋のアイコン.png

会費

1,500円

SNS人物アイコン.png

定員

16名

家のアイコン素材.png

​主催

ヒビコレうつのみや

編集室 

ショッピングバッグアイコン.png

​持ち物

一眼レフ、または

デジタルコンパクトカメラ

電話の受話器のアイコン素材.png

​お問合わせ

028−622−5156​

株式会社みやもと

ヒビコレ編集室

開店時間のアイコン.png

営業時間

​月〜土

9時〜18時

(日曜・祝日定休)

注意のアイコン.png

注意

予約の取り消しは開催日前までに電話ご連絡をお願いいたします。ご連絡のない場合は、参加費全額のお支払いをお願いしております。

講師プロフィール

岡田講師

岡田 康男(おかだ やすお)

宇都宮市出身。東京のデザイン会社に入社、アパレルやモデルを中心とした商品写真の撮影に約40年従事。
その後、印刷工場みやもとに入社し、現在は広告カメラマンとして宇都宮を中心に活躍中。


株式会社みやもとにて、定期的に初心者向けの写真教室、実践的な中級教室を開催。200名以上の受講者を輩出している。

お申込みは下記ボタンから

初心者写真教室は個人レッスンも受付しています。

​詳細につきましては、お問い合わせフォームまたは、お電話でお問合わせください。

​下記リンクからマンツーマン教室のページをご覧いただけます。

そのほかの教室

遊び筆文字教室

筆ペンを使い自由な発想で文字を描く遊び筆文字。想像力とそれを形にする楽しさで人気の教室です。

金継ぎ体験教室

0903-G_11_edited.jpg

日本の伝統技術「金継ぎ」で欠けた器を再生する。

​リボーンした器は愛着もひとしおです。

bottom of page