top of page
検索

【形式にとらわれないお葬式で、故人とじっくり向き合う/家族葬のタクセル】


コロナ禍を経験し、葬儀に対する意識に変化が起きています


2020年に大手葬儀会社が行った意識調査(100人を対象)では新型コロナの感染拡大をきっかけに「死や葬儀いついて意識した」と答えた人は全体の半数でした


コロナ禍もあり葬儀は簡素化、小規模化が顕著になっています


家族や親戚、友人、仕事関係の知人など多くの参列者が集まり行われる葬儀は「一般葬」と呼ばれますが、近年この「一般装」の割合が減少しています


葬儀を行った経験のある40歳以上の男女(全国)を対象に、葬儀事業を手がける会社が行ったアンケートによると

  • 家族葬:主に家族のみで行う

  • 一日葬:通夜を行わない

  • 直葬:儀式を行わず火葬のみ


これらを合わせた割合が、「一般葬」を上回る結果となりました

タクセル外観イメージ

大切な人を亡くした直後、遺族は深い悲しみの中、心の整理に十分な時間を取ることもできないまま葬儀を執り行うことになります

限られた時間の中で準備に追われ、全てが終わった後で「納得のいく見送りができなかった」と後悔する人が少なくありません


葬儀での後悔が生まれる要因として「送る側と送られる側の考えのギャップ」が指摘されます


自分自身の葬儀について「儀式を伴う葬儀を望む」と考える人は6割弱

3割以上の人はより簡素化された葬儀を希望しています

一方、身内に葬儀については「儀式を伴う葬儀」を希望する割合が9割近く


「送る側と送られる側の考えのギャップ」を修正しておくことは、納得できる見送りには欠かせない重要ポイントと言えます



納得のいく見送りのためにできる事はどんな事でしょう


葬儀で喪主を務めた人に、自分の理想とする葬儀と比較して点数をつけてもらうと、「事前に葬儀に関する知識を得ていた人」の方が、満足度の高いお見送りができていました(大手葬儀会社が行った2018年の調査結果)


  • 事前に情報収集していた:76点(平均)

  • 事前に情報収集していなかった:66.6点(平均)


葬儀について調べたり、積極的に話すことは「縁起でもない」と嫌厭されがちですが、葬儀の知識を得たり、『いつか来るその日』について大切な人と話をしておく事が、後悔しない見送りのために必要な手続きと言えます


葬儀は残された人々が大切な人の死を受け入れ、悲しみを癒すために欠かせないものです

故人の意志を尊重するあまり、見送る人が後悔してしまうなどということがないように、先立つ人、見送る人、双方が日頃から『別れ』について話しておくことで、お互いが納得できる「その日」が実現するのではないでしょうか



家族葬のタックルでは、経験豊富なスタッフがご要望や悩みに耳を傾け、最適なプランを提案します


葬儀の規模やスタイル、費用など、気になることを何でもご相談ください

私たちプロの知識と経験で、お客様のニーズに合わせた最善のアドバイスを提供します


式場内イメージ 少数参列者用

家族葬(少数)イメージ

家族葬 8.6万円(税込 94,600円)からご用意しています。


大切な人とのお別れは、一生に一度の出来事です。セレモニーを心から大切な思い出にするためにも、専門のスタッフと相談してみませんか?


家族葬無料相談では、専門のスタッフがあなたのご希望に全力で取り組みます。


詳細はリンクをクリックしてください。


---------------------------




--------------------------



☎ 0120-155-805


※356日24時間受付


「ヒビコレうつのみやを見た」とお電話ください。




Comments


bottom of page