top of page
検索

【窓のリフォームで「補助金」もらえる/有限会社リフォームカネダ】



お家の「開口部」を見直すと省エネに


お家の冷暖房効率を上げるためには「開口部=窓やドア」に注目しなくてはなりません。


窓リフォームイメージ画像

これから暑くなるシーズンを迎え、命の危険もある暑さに対し冷房は欠かすことのできないアイテムとなりましたが、何より気になるのは「光熱費」


冷房効率を上げるには部屋に入る熱を最小限に抑えることが重要です

窓から入り込む熱を遮断し、室内の冷たい空気を逃さないようにするためにはどんな方法があるのでしょう



◾️遮熱・断熱素材のブラインド、スクリーンを設置する


昨今、遮熱・断熱素材を使ったブラインド、スクリーンのラインナップが充実してきました

インテリアに合わせて選ぶことができ、お部屋のイメージを損なうことなく暑さ対策ができます



◾️カーテンを替える


生地が厚く、目の詰まった織りの生地ほど、遮熱・保温性が高くなります

ブラインド、スクリーン同様、遮熱や断熱効果を持つカーテンも多種販売されています

遮熱・保温効果の高いレースとドレープカーテンをセットで使うのがおすすめです



◾️外側で日差しを遮る


外付けの日よけサンシェードを設置することで太陽の熱を窓の外でカットすることができます

程よい採光で明るさをキープしながら、外からの視線カットもできます



◾️すだれ・よしず・グリーンカーテン


日本に古くからある「すだれ」や「よしず」は、水で濡らしてから使用するとお部屋に入る風を2℃程度下げることができるそうです


グリーンカーテンは、つる性植物で作るサンシェード

日光を遮るだけでなく、葉の蒸散作用により温度上昇を抑えることができます

ゴーヤやきゅうりなどの野菜系やつる性植物の女王と呼ばれるクレマチス、西洋アサガオなどの花系が人気のようです



◾️窓をリノベーションする


一般的な窓は「サッシ+ガラス」の組み合わせが主流です

窓のリノベーションと言っても何種類もの方法がありますが今回は現在ある窓はそのままに新たに内窓を設置する方法を紹介します


普及しているアルミや鋼製の冊子は丈夫で安価ですが、熱伝導率が高く、熱の出入りの殆どが窓である原因の一つにもなっています


「二重サッシ」「二重窓」ともいわれる「内窓」は、今ある窓の内側にもう一つ窓を設置する方法で、外側の窓は「外窓」内側の窓は「内窓」「インナーサッシ」と呼ばれ、外窓と内窓の空気の層が断熱効果を発揮します。


この外窓と内窓の空間である空気の層により、室外の温度変化を室内に伝えにくくすることができるのです。


内窓は一枚ガラスのサッシに比べると利点が多く、暑さとともに寒さも厳しい北関東ではおすすめのリフォームです。



◾️暑さ寒さ対策


暑さ寒さ対策は窓のリノベーションと他の対策を組み合わせることで、より大きな効果を発揮します


「先進的窓リノベ2024事業」を活用して、窓やドアをリノベーションし、遮熱、断熱効果を持つブラインドやカーテンを使用、夏の間はグリーンカーテンを併用するなどして、快適な毎日を手に入れてください



リフォームカネダでは、お客様のご希望を丁寧にお聞きし、お客様の解決したいお悩みを一緒に考え、最適な提案をさせていただきます。

勿論、補助金に関するご相談もお受けしています。



窓回りやサッシ、各種エクステリア工事、外構工事、庭や門廻り・ガレージなどの一部のリフォームもご相談ください!

フェンス一枚からでも地域密着で迅速に対応させて頂きます!


(有)リフォームカネダには


・バルコニー施工技能士

・エクステリアプランナー

・インテリアコーディネーター

・福祉住環境コーディネーター


など、「住まいのプロ」が揃っています。


ぜひ、皆さんの「困った」をお聞かせください!



㈲リフォームカネダ

宇都宮市下栗町578-3

営業時間:9時〜17時

定休日:日曜、月曜、祝日


☎ 028-656-6664

「ヒビコレうつのみやを見た」とお電話を!





Comments


bottom of page